打つ手は無限

運命は自分で切り拓くもの。なるようにはならん。

打つ手は無限 イメージ画像
「経営はなるようにはならん、手を打てる者が生き残る」という自らの体験や思いをもとに、同じ境遇の経営者さんを支援する『社長塾』を立ち上げた、私の一念発起ブログ。

更新情報

前回、現状数字が悪くてもバリューアップさせられる社長について少し書きましたでは具体的にバリューアップとは・・・中小零細企業において正直あまり意識することがありませんがバリューアップ=株価を上げるです。これは自企業を客観視して改善に取り組む話です。実はこの

現在、状態が悪くてもポテンシャルを感じる会社そうゆう企業と一緒に仕事をするのが個人的にやりがいがあります。ポテンシャルとは・・・一般的に言われているポイント 1、経営者・・・変革と進歩を厭わない、オープンマインド、規律を持った経営 2、事業競争力・・・各

前回、「債務超過かそうでないかで作戦が違う」というお話をしました。資産の方が多い会社に融資をするのは当たり前のことです。では、今すぐその会社を買うとしたらどうでしょうか?もちろん、負債が資産より多い会社は敬遠されますでも、それだけではありませんよね買いた

先日の続きです。自社を客観視して企業価値を把握する現状の企業価値を分析するために外せないのが言わずもがなですが決算書です。我々が様々なご支援作戦を考える時に外せないものです。まず見るのが「債務超過かそうでないか」中小企業白書では全国の中小企業の債務超過企

M&Aや事業投資を活性化させる事業の準備をしています。詳細はまもなく発表できそうですが、中小企業の経営の現場に第3者が登場するという文化はまだまだ一般的ではないと思います。しかしながらこの半年ですっかり環境は変わりましたあらゆる業種で変化への対応が問われてい

↑このページのトップヘ