「明日から突然商売が出来なくなった。」

「いろいろな要因で一気にお客様を失った」

今の時代、「んなアホな!」っていうことが

現実になることもあります。


・ニーズの変化
・技術革新
・天災
・マネージメントの失敗。。。などなど

まあ、私の場合は自業自得なので

誰に訴えるわけにもいかなかったですが・・・



幸い、私の場合はあるロジックを教えて頂いていたおかげで

絶望することはありませんでした。

半年ほど委託事業のスタッフやホテルフロントの夜間アルバイトをしながら

構想を練って動きました。


これが当時の営業ツールです。
10626415_1481166288838045_1461957404748412782_o

自分に出来ることはなにか

それをベースに喜んで頂けそうなお客様はだれか


その2つだけを考えてスタートしました。

商品もお店も資本も何もない

名刺とこの簡易パンフだけが商売道具でした。


結果、「社長の片腕」というネーミングが

某企業の社長に気に入って頂きその後に繋がる出会いとなり

現在の親会社「エイトワン」の大籔社長(当時)と出会うキッカケとなりました。


当時、「自分のやりたい事と向き合う」ことは一切しませんでした

ひたすらどうすればお客様に喜んで頂けるか

自分がその中で役に立てるかを必死で考えました。

そして、この基本的な考え方は今度特別セミナーで来て頂く

桂先生に教わりました。

私にとっては物理的にも精神的にも

大ピンチを支えてくれたロジックです。

特別セミナーを前に初心にかえっています。


セミナーでは「顧客支援の原則」を習得した人が輝ける

今後の市場のニーズをしっかり掴めるであろう

新規事業コンテンツの紹介も盛りだくさんです。

皆さん、是非いらしてください

一緒に未来を切り開いて行きましょう!